#

人が住んでる。

もったいないなあ、と思った。 良いものを書く人がいるのに、彼ら彼女らは悉く発信媒体に依存している。サービスの提供というシステマチックな事象ひとつで、彼ら彼女らの傑作は永遠に読めなくなってしまう。 さみ…

#

出会い「形」について

あ、〇〇ちゃん?     はい、そうです     じゃあ、行こっか     出会い系アプリを初めて使ったのは15,6歳頃の夏だったと記憶して…

#

「もっと人間になりたくて勢いで応募しました」なんて台詞を、この先の未来で言うことはきっと死ぬまで無いだろう。繕いのない、私を私として受け入れてくれる人が此処に存在する。只々嬉しい、ああ嬉しいな。経験も…

#

恋とか愛とか

この議題、やかましいな、と思う。しかし、恋とか愛をなんだかんだ常に隣に置いてしまっているのがこの私であり、振り回されているのもまた事実。目を背けることができぬ醜態。滑稽ダンス。ボケカスが。うむむ。 こ…

#

RAIN

生まれが梅雨の真っ只中だもんで、少しこの時節は肩身が狭い。だって皆んな、「雨降りなんかクソ食らえッ」と言って、頭や、心を痛めたりするじゃんか。不安感と寂寥の連続を責任転嫁して。黙って長風呂にでも浸って…