#

詩を考える

詩が、読めん。 名だたる文筆家と一つ屋根の下で暮らしていて、尚且つ家主の身でありながら、こんな台詞が出てくるあたりイッツ・ア・お里が知れ太郎。今晩あたり階上(もしくは階下)で寝食をむさぼるかの厭世詩家…

#

Em11

品を作り、春を鬻ぐ、彼女の夢はこの国の冬を買い占めること。くたびれた体を湿ったベッドに横たえて、知らない男の腕の中で、卵の殻のように壊れやすい眠りを眠る。子どもたちは農夫のふしくれだった手を逃れ、市場…

#

もしもお酒が飲めたなら

下戸だ。 力いっぱい下戸だ。 もし、あなた。ほろよい一缶で酩酊を体験できるのならば、それはむしろ安上がりではないですか。幸福ではないですか。と問う人があるかもしれない。否。下戸はつらい。下戸はつらいん…

#

ある詩

一日十時間働いている / 一日一本たばこを吸う / 一日千秋とは程遠く / 一日二食の飯を食らう 。晴れた日の土曜日は起き抜けに発泡酒のプルタブをあけて、肌寒い雨の日はレンジ加熱した牛乳に口付ける。会…

#

フランシー、ねえ卵子

女の身体は玉子みたいだ、とか言うけど。女が玉子なら男は何?大層立派な鶏冠乗せた、殿様気取りのニワトリにでもなったつもりなわけ。うんそうだよ、じゃないさ、所詮は只の有精卵だろ、だって生涯同じ穴の狢。 小…

#

冬が好きである。温かい食べ物が美味しいから、コートやマフラーを身につけることができるから、清潔な感じがするから、蟹がうまいから、夜空が綺麗だから、クリスマスがあるから、年を越すから、好きな人とくっつい…

#

クリアランス

uri gagarn / Clearance 頭に浮かんだもの: 午前4時の窓から差し込むやけに青白い日光。糊のきいたワイシャツ。肌寒い夕方。真新しいステンレスの輝き。古ぼけたステンレスの濁り。自分の…

#

寿司

寿司に救われたことが何度もある。寿司はいつも私を救う。寿司の救済。餃子の愛とはまた別の救済である。寿司。寿司ってなんなんだろう。 という感じで寿司が好きである。すきがすし。すしがすき。ぎゃはは。先日車…

#

生活

生活、が好き、だと思います。ここで言う生活っていうのは、いわば、平日というか、休暇以外の一人で過ごす日常というか、そんな感じの時間を指す。今この文を書いているのは私なので私が法。私がルールだ。なんつて…

#

あしおと

歩くとき、足音に気を配っている。 踵を引きずるように歩いてはいけない。つま先を地面に叩きつけるように歩いてはいけない。踵を、そっと、地面に置くようにして、ゆっくりたしかに歩かねばならない。 ちょうどい…