#

寝言

私は「全部」が良かったの。 って言うからあげた、全部。 自分が人よりも何倍、何百倍劣っているから「全部」渡してやったらこちらの取り分はゼロ、むしろマイナス、だけどまあ良かった。腐れ縁ながらも信頼はして…

#

出会い「形」について

あ、〇〇ちゃん?     はい、そうです     じゃあ、行こっか     出会い系アプリを初めて使ったのは15,6歳頃の夏だったと記憶して…

#

RAIN

生まれが梅雨の真っ只中だもんで、少しこの時節は肩身が狭い。だって皆んな、「雨降りなんかクソ食らえッ」と言って、頭や、心を痛めたりするじゃんか。不安感と寂寥の連続を責任転嫁して。黙って長風呂にでも浸って…

#

痙攣

目蓋がピクッッッと痙攣するもんだから、抉り出して湯掻いて召した。タバスコかけると、辛くて(つら-くて)おいしい。水で溶いた片栗粉を塗して、油で揚げた。高温に熱した揚げ鍋の中で、目は踊りながらよく泣いた…

#

ある詩

一日十時間働いている / 一日一本たばこを吸う / 一日千秋とは程遠く / 一日二食の飯を食らう 。晴れた日の土曜日は起き抜けに発泡酒のプルタブをあけて、肌寒い雨の日はレンジ加熱した牛乳に口付ける。会…