#

きれいごと

空は広くて雲は形を変えながら歩行する。待たずともカレンダーをめくるように季節は変わってく。秒針が止まっても日は昇るし陽は落ちる。可憐な花は微かにする香りが優しい。線香から漂う煙はいつも優しい。掴めたらどんな感触がするんだろう。触れられないものに触れることができたらどうするんだろう。二度と触れられないものにもう一度触れられることができたらどうするんだろう。感情が生きたいと言っていた。私も生きたいと言った。私の身体で共に泣こうと言った。なんだか虚言みたいだ。